猫の診察、病気について

猫の診察・病気について
下部尿路疾患(FLUTD)

おしっこはちゃんと出ていますか?

猫の泌尿器にかかわる様々な病気を総称して下部尿路疾患(FLUTD)といいます。代表的なものには、尿石症(ストラバイト尿石症、シュウ酸カルシウム尿石症)があります。尿石症以外では尿路感染症、腫瘍などがあります。
尿石症は2~6歳齢に多く発生します。肥満気味の猫はそうでない猫に比べ、尿石症のリスクが高まります。オス猫は尿道が細いため、尿石症による閉塞が起こりやすくなります。再発率は30~70%と高く、発生後の食事管理が重要となります。

原因

肥満、運動不足、飲水量の低下、排尿回数の減少といったものがあります。尿石症には以下のタイプがあります。
・ストラバイト尿石症:尿のアルカリ化、マグネシウムの過剰摂取が原因です。
・シュウ酸カルシウム尿石:尿の酸性化、マグネシウム不足が原因です。

症状

肥よくある症状としては排尿痛、頻尿、血尿があります。結石ができやすい場所は膀胱と尿道です。
・膀胱内に結石ができた場合:膀胱炎を併発し、頻尿・血尿等の症状がみられます。
・尿道内に結石ができた場合:不完全または完全尿道閉塞を起こし、排尿痛、排尿困難の症状がみられます。最悪の場合は尿毒症となり、死亡に至ります。

治療

肥満、運動不足、飲水量の低下、排尿回数の減少といったものがあります。尿石症には以下のタイプがあります。
・ストラバイト尿石症:尿のアルカリ化、マグネシウムの過剰摂取が原因です。
・シュウ酸カルシウム尿石:尿の酸性化、マグネシウム不足が原因です。

予防

予防食を与える、ストレスを減らす、肥満させない、トイレを清潔に保つことが大切です。

定期的な診察を

その他、様々な病気等がございますのでネコちゃんに異変を感じたらすぐに診察をして下さい。また、大切なペットが飼い主様と共に健康で長く過ごせるように、未然に防げる病気や兆候など、早期対応ができますので定期的な診察をおすすめ致します。